再発頻度が高いヘルペス

	 exhausted

水泡状の病変をつくるヘルペスウイルスは実は数種類あり、例えば性器周辺にできる性器ヘルペスと、口周辺にできる口唇へルペスも、それぞれ別々のヘルペスウイルスが原因となっています。主に性器の接触によってうつると考えられる性器ヘルペスは性感染症の一つとしても有名ですよね。しかし決して性行為だけが原因ではなく、タオルの共有やトイレの便座などを介しての接触感染でもうつる可能性がある病気です。また、近年はオーラルセックスによって、口唇ヘルペスのウイルスが性器に、性器ヘルペスのウイルスが口唇へとうつってしまうことも増えてきているようです。病変の見た目には口唇ヘルペスと性器ヘルペスのウイルスの差は分かりませんが、口唇ヘルペスが性器にうつった場合には重症化しやすかったり、性器ヘルペスが口唇にうつったときには再発の繰り返しが起きやすいようです。
口唇ヘルペスに比べ、性器ヘルペスの方が感染者は少ないと言えますが、性器ヘルペスの方が再発を起こしやすく、感染しているかもしれない人にとっては性器ヘルペスの再発は重要な関心ごとだと思います。

再発を繰り返しやすい性器ヘルペスも、やはり最初にその反応を示すときが一番症状がひどいと考えられます。なので再発しても初回に比べてマシでしょうが、経験をしたことがある人にとってはなかなかの不快感でしょう。ヒリヒリ、ムズムズとした患部の違和感にヘルペス再発の予兆を感じるでしょう。
それを回避するのがバルトレックスです。バルトレックスの有効成分バラシクロビル塩酸塩がヘルペスウイルスが増殖するのを抑えてくれます。バルトレックスのジェネリック医薬品のバルシビルは、バルトレックスと同成分なので、同様の効果が期待できます。しかもバルトレックスよりも安くなるので、それならバルシビルを選びますよね。