決め手は飲みやすさと価格

	 wearisome

性器ヘルペスに有効なバラシクロビル塩酸塩を含む、バルトレックスとバルシビル。
実はヘルペスに有効な成分は他にも、アシクロビルというものがあり、働きはヘルペスウイルスの増殖抑制なのでバラシクロビル塩酸塩と同様です。しかし、アシクロビルを含む薬は1日5回など服用回数が多く、きちんと服用するのが難しい薬でした。
しかしそのあとにできた、バルトレックスの有効成分バラシクロビル塩酸塩は、成分の吸収が消化管からなされやすい構造をしているため1日の服用回数を1回~3回と服用しやすい形にすることができました。
ヘルペスは症状が落ち着くまでにどうしても2週間ほどの期間が必要なので、その期間薬を服用し続けることを考えると、1日の服用回数は少ない方が確実に服用することができて、きちんと効果を得られる状態のバルトレックスの方がいいのではないでしょうか。

そして次に注目したいのはバルトレックスとバルシビルの違いです。
バルトレックスとバルシビルの有効成分は同じバラシクロビル塩酸塩です。しかし薬代が異なるのです。バルトレックスの成分を真似たバルシビルですから、余計なコストがカットされたおかけで、薬の価格も大幅に安くなっています。3分の1の価格なので、服用期間が比較的長くなってしまう分、薬代が安くなるのはありがたいことですね。
痛みを我慢する期間が短くて済むように、再発してしまったときには、薬も活用して少しでも楽に過ごせるようにしてください。